読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 4: SYSTEMIC(コクヨ)

とにかく、ノートカバーが気になって仕方ない。

初めての出会いは、ノートカバーでなく、カバーノート<SYSTEMIC>との出会いです。

当時、仕事のノートとプライベートのノートをまとめて持ち歩きたくて、おしゃれなカバーがないか探していたのですが、出会いました。コクヨさんのSYSTEMIC♪

 

ただ、ノートはお気に入りの「コクヨ キャンパスノート B5 方眼罫」をどうしても使いたかったので、ノートカバーとしてSYSTEMICを利用しましたwww

  

れから、いろいろなタイプのノートカバーと浮気を重ねたのですが笑、今では、ブログのヘッダー画像にあるように「カバーノート<SYSTEMIC>(システミック)(2冊収容・リングノートタイプ・合皮)」を愛用しています。

 

という訳で、SYSTEMICヒストリーをまとめてみました。

 

発売日 

2008/11/10 カバーノート<SYSTEMIC>

 用途の異なるノートを一括管理できる2冊収容タイプ

 

2009/08/10 カバーノート<SYSTEMIC>第2弾

 3サイズ(セミB5、A5、A6)各2色計6品番を発売

 

 2010/11/01 カバーノート<SYSTEMIC>(2冊収容・リングノートタイプ)

 3つ折り設計で右ポケットにリングノートを入れてコンパクト収納可能

 

2011/08/15 カバーノート<SYSTEMIC active>(2冊収容タイプ)

 A7ノートやダイアリーをはじめ、名刺やカード類もまとめて収容可能

 

2012/07/10 カバーメモ<SYSTEMIC>(2冊収容・リングメモタイプ)

 メモ帳+スケジュール帳など、2冊まとめて持ち運び可能。「CamiApp」機能対応

 

2015/01/21 カバーノート<SYSTEMIC>(2冊収容・リングノートタイプ・合皮)

 表紙素材に合成皮革とポリエステルを組み合わせて高級感

 

 歴史を感じますね。

 

ポイントは、

・ノートを一括管理できる2冊収容タイプ

・リングノートにも対応した3つ折りタイプ

あたりでしょうか。

 

次回、この辺りのポイントを踏まえ、調査を進めてみようと思います。

広告を非表示にする