文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 18: カルカット(コクヨ)

またも、文具プランナー福島さんのお薦め「カルカット」を取り上げてみようと思います。

mai-bun.com

 

プレスリリースはこちら↓ 発表日は2013年12月11日で、2014年1月8日から発売しているようですね。プレスリリースを参照しながら、発明に繋がりそうな特徴を紹介していきますね。

テープカッター<カルカット>を発売|プレスリリース|コクヨ

 

1.軽い力でよく切れる(切る力を50%軽減)

なんといってもカルカットというくらいですから、その切れ味に特徴があるようです。その秘密は「刃」にあるみたいです。従来のテープカッターではギザギザ状になったプレス加工刃がテープを引き裂くように切っていたので重く感じられましたが、今回のエッチング加工により製作した特殊加工刃は刃の山・谷すべてが「刃」になっているので、軽い力でテープを切ることができるとのこと。さらに、従来のテープカッターではテープを引き裂く必要から、刃がテープに対して斜めに当たるよう取付けられているため、テープの切り口がギザギザになっていましたが、「カルカット」の特殊加工刃はテープに対して垂直に当たるよう取り付けられているためテープの切り口がまっすぐに仕上がるとのこと。


2.簡単替刃交換

刃が消耗した際も簡単に替刃の交換が出来るので、長く使用できる設計となっているとのこと。

 

こちらに開発秘話も掲載されていました。

inspi-news.com

開発秘話を見てもはやり、そのエッチング加工技術により新しく開発された特殊加工刃に拘りがあるようですね。メインの発明者はコクヨS&Tの増山正明さんのようです。

 

増山正明さん、特殊加工刃、簡単替刃交換あたりのキーワードを頼りに、調査を進めてみようと思っています。

 

広告を非表示にする