読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 22: ユニボールエア(三菱鉛筆)

本屋さんにネタ探しにいってきたのですが、そこで見つけました。文房具屋さん大賞2016!(今更感満載で申し訳ございませんが(^^ゞ)

 

 

特別コメンテーターは、文具王の高畑正幸さん(@bungu_o)、イロブン主宰のきだてたくさん(@tech_k)、文具ソムリエールの菅未里さん(@misatokan)という豪華な布陣。さらに、文具プランナーの福島槙子さん(@maki_td)も菅未里さんと共演されていますね。

 

大賞は、Item16の中島重久堂の「TSUNAGO」 グッドチョイスです。

新人賞のユニボールエアは、完全にノーマークだったので、早速取り上げたいたいと思います。プレスリリースにて2015年11月02日発表、2015年11月26日(木)が発売日ですね。

『ユニボール エア』|2015年|プレスリリース|三菱鉛筆株式会社

 

 

プレスリリース、「文房具屋さん大賞2016」の情報を頼りに、調査のポイントを挙げておきます。

 

1: インク流量コントロール

ペン先内部が筆圧に合わせて上下に作動し、インクの流量を最適にコントロールする新開発チップを搭載しており、力を入れなくてもはっきり書け、カスレにくい、空気のような軽い書き味を実現しているとのこと。

 

この新開発チップにより、ボールペンでありながら、世界で初めて書き方・筆圧によって描線幅を変化させることができ、従来ボールペンでは表現できなかった、トメ・ハネ・ハライやメリハリのある文字を書くことができるとのこと。すごい♪

 

2:  紙との摩擦が少ないソフトカバー

ペン先のチップを覆うソフトカバーが紙との摩擦を減らすため、引っ掛かりがなくスムーズに書くことができるとのこと。

 

このあたりをポイントに、調査を進めていこうと思います。

広告を非表示にする