読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 30: ドット入り罫線ノート(コクヨ)

ご存知、横罫に等間隔のドットが入った「ドット入り罫線ノート」を取り上げたいと思います。

 

 

 

東大合格生のノートはかならず美しい」の著者、太田あや氏と文藝春秋社が東大合格生のノートの書き方が「美しい」点に着目したことに始まり、コクヨさんも共同で調査を進め、「学習に最適なノート」として「ドット入り罫線ノート」が開発されたとのこと。公式ホームページはこちら。

www.kokuyo-st.co.jp

 

プレスリリースにて2008/09/18に発表され、2008/10/10に発売されています。

東大合格生のノートのとり方を研究して生まれたキャンパスノート|プレスリリース|コクヨ

 

文藝春秋さんも特設サイトをオープンするほどの力の入れよう。

法則が存在する|『東大合格生のノートはかならず美しい』特設サイト|文藝春秋

 

これだけヒットした製品だけに、開発ストーリーも公式サイト含め、多数見つけました。

www.kokuyo-st.co.jp

www.kokuyo-st.co.jp

 

『ドット入り罫線ノート』が大ヒット!コクヨの開発者、田畑幸辰氏に聞く

http://www.jwide.com/news/news.htm?id=1131

 

それでは、最後に、調査のポイントについてまとめておきますね。

 

・「ドット入り罫線ノート」の特徴としては、横罫に等間隔のドットが入っていることで、

 

 -文頭をそろえやすい

 -図形や表が書きやすい

 -資料を真っ直ぐに貼ることができる

 -縦書きでも文字がそろえやすい

 

 等の特徴があり、誰でも、ノートを美しく書くことができます。

 

・さらに、発明者候補は、開発者としてインタビューに応えている田畑幸辰さん

 

このあたりを手掛かりに、調査を進めていこうと思います。

広告を非表示にする