文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 45: ペントネ(カンミ堂)

最近お世話になりっぱなしなんですが(笑)、「毎日、文房具。」さんのカードで紹介されていた「PENtONE(ペントネ)」を掘り下げてみようと思います。

f:id:bunseka_akiran:20161007224832j:plain

 

文具プランナー福島 槙子さんが、いつものように、その魅力を存分に紹介しています。

mai-bun.com

 

福島さんの記事を参考にその魅力の中で、次の調査につながる特徴を挙げると、

・ロール状になった3つの柄のフィルムふせんを収納するペン型のケース

・ちょうどミシン目ひとつ分ごとに「ピタッ」と止まる機構

・ふせんの中央部分だけにのりが付いている

あたりでしょうか。

 

こちらのプレスリリースは、2015年4月3日に発行され、2015年4月21日に発売されたようです。

【News】ペンサイズのフィルムふせん『PENtONE(ペントネ)』新発売のおしらせ(2015.04.03) | カンミ堂

 

なんと、「第24回日本文具大正」機能部門賞も受賞されています。

『PENtONE(ペントネ)』が「第24回日本文具大賞」機能部門優秀賞を受賞(2015.06.16) | カンミ堂

 

さらにさらに、グッドデザイン賞も受賞されています。

www.g-mark.org

 

という訳で、

・プレスリリースの発行日である2015年4月3日

・特徴としては

-ロール状になった3つの柄のフィルムふせんを収納するペン型のケース

-ちょうどミシン目ひとつ分ごとに「ピタッ」と止まる機構

-ふせんの中央部分だけにのりが付いている

・さらにグッドデザイン賞の情報から、

 ディレクターの、代表取締役 末永卓さん、松尾麻由実さん

 

あたりをヒントに、調査を進めていこうと思っています。乞うご期待♪

広告を非表示にする