読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 50: モレスキン(Moleskine SpA)

『最高に楽しい文房具の歴史雑学』の「第3章 紙に恋をした」で紹介されている、ご存知、「モレスキン」を掘り下げていこうと思います。

 

bunseka-akiran.hatenablog.com

 

こちらのモレスキン本も話題ですよね。

mai-bun.com

 

まずは、『最高に楽しい文房具の歴史雑学』から、モレスキン」に関わる記述を参照し、時系列に列挙していきます。

 

1986年 イギリスの旅行作家ブルース・チャトウィンは、パリの文房具店で売られていた愛用のノート「カルネ・モレスキン」をオーストラリア旅行のために買いだめしようとしたが、既に製本業者はすでに亡くなっていて、ノートを買うことができなかった。(ここでいう「モレスキン」は、黒のオイルクロス地のカバーのこと)

10年後、ミラノの出版社Modo&Modoが、その伝説のノートを復活させた。

2006年 SGキャピタル・ヨーロッパ社がモレスキン・ブランドを大々的に展開するためModo&Modoを買収

 

ここで、モレスキン・ブランドを管理している企業の沿革について、モレスキン公式ホームページを参照し、関連部分を引用しておきます。

www.moleskine.com

 

Since January 2007, Moleskine has also become the name of the company that owns the worldwide trademark rights for the brand. Moleskine SpA creates, produces, and distributes not only the well-known notebooks and their various offshoots, but also a series of objects for the creativity of the contemporary nomad. The company grew out of the experience of Modo&Modo, a small Milanese publisher that in 1997 created the Moleskine trademark, rediscovering and renewing an extraordinary tradition.

In the fall of 2006, Modo&Modo was purchased by SGCapital Europe, now Syntegra Capital, with the objective of fully developing the potential of the Moleskine brand.

Moleskine SpA is a small and creative company enjoying continuing growth. It now has about one hundred employees and a vast network of partners and consultants. Its home office is in Milan, Italy. Its affiliates are Moleskine America, Inc, with offices in New York, established in early 2008, and Moleskine Asia, Ltd, with offices in Hong Kong, established in late 2011.

 

VCの資本が入っているようですが、現在、「モレスキン」ブランドを管理しているのは、Moleskine SpAのようです。

 

さらに、『最高に楽しい文房具の歴史雑学』のなかで、モレスキンの商標戦略に関する記述がありましたので引用しておきます。

 

モレスキン」という商標が「一般的な名称」、たとえば「ノートパッド」「ブロックノート」「アジェンダ」その他と同列に扱われるのはまかりならない、というのである。 

 

すなわち、モレスキン社は、2匹目のドジョウを狙う類似商品が登場するのは避けられないと考え、「モレスキン」が一般名称化されないように、神経をとがらせていく、という戦略をとっていたようです。

 

という訳で、

・1996年頃、Modo&Modoが伝説のノートを復活させた

・2007年頃から、Moleskine SpAのブランド戦略開始

等を手掛かりに、特許、実用新案、意匠だけでなく、重要視している商標も含め、調査を進めていこうと思います。

 

 

広告を非表示にする