読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具特許の世界

文房具が好きで、特許を手掛かりにその背景を妄想することによって文房具をもっともっと好きになるために、ブログはじめました。といっても、文房具特許についてはド素人で、皆さんと一緒に少しずつ学んでいければと思っています。文房具カフェ会員No.01845 連絡先:bunseka.akiran@マークgmail.com

Item 69: プレスマン: 特許を探してみた

まずは、2015年6月1日のリニューアル向けの出願がないか、J-PlatPatで調査していきます。出願人=プラチナ萬年筆 で特許・実用新案を検索してみると、ヒット件数は34件。ざっとレビューしてみましたが、リニューアルされた「プレスマン」に関する出願を特定することはできませんでした。

 

次に、1978年(昭和53年)発売の「プレスマン」向けの出願を調査していきます。昭和50年代の出願ということで、ULTRA Patentで調査していきます。さらに、権利化されたものに絞るため、特許・実用新案出願公告に対象を絞り、出願人=プラチナ萬年筆 で検索したところ、ヒット件数は、54件。

 

その中に、数多くシャープペンシルに関する案件がありましたが、セーフティースライド機構関連と思われる案件がありましたので、紹介しておきます。

 

実公昭57-021748(出願日:1978.8.8)シャープペンシル

 

請求項はこちら▼

f:id:bunseka_akiran:20170108195319p:plain

f:id:bunseka_akiran:20170108195403p:plain

 

効果はこちら▼ 「異常な筆圧が加わった場合でも、筆記芯は折損することなく・・」とありますので、セーフティースライド機構に関連する可能性があります。

 

f:id:bunseka_akiran:20170108195625p:plain

 

残念ながら、出願の公報、図面の固定リンクがなく、ご紹介することができませんので、ご興味ある方は、実公昭57-021748をULTRA Patent▼

www.ultra-patent.jp

で検索してみてください。

 

 今回は、このあたりで調査を終了します。

 

 

 

広告を非表示にする